ゲーム製作日誌


今後は、ゲーム製作に関することは、ここで扱います。
          ゲームはこちらで御購入できます。 → 淫獣の生贄2

2008年の日誌

2009年の日誌

2010年の日誌

2011年の日誌↓ 御意見・御感想・御要望は→DLsiteブログにどうぞ 次回作は→計画中のプロジェクト情報

12月27日 3Dの操作を大幅に変更しました。一般的なTPS系ゲームと同じになります。

 淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島をバージョンアップしました。今回はアクション系ゲーム製作の前段階のような
バージョンアップとなりました。主な変更は3Dと2.5Dでの操作を一般的なTPS系ゲームと同じにしたことです。
 参考にしたのは、マビノギ英雄伝やデットアイランドなどです。

 マウスカーソルは表示されません。マウスを動かすとアングルが変わります。移動はキーボードでWか↑で画面の前に進みます。
Wキーを押しながらマウスを動かすと方向を変えながら前進します。
 マウス表示するにはESCキーを押してください。ALTキーは押している間だけマウスカーソルを表示します。
ゲームパッドも同様な操作に変わっています。
 マウスカーソルを常時表示してるほうが好みの場合はゲーム設定でマウスカーソルを常時表示にチェックすれば常時表示されます。
 また、コマンドやアングルはキーボードから直接指定できます。左横に表示しているキーを押してください。

 次にゲームパッドのキー設定を作成しました。
 ※ゲームパッド名の表示と変更はまだ未完成です。
 ゲーム設定にゲームパッド設定ボタンがあります。
 変えたい処理のボタンをマウス左クリックしてください。セット待ちになるのでゲームパッドの設定したいキーを押してください。
また、最初はPS系の設定(初期化Eと同じ)になっているのでXBOXなどは初期化Xを押すとだいたいセットされます。

 最後にもうひとつ、ゲームのセーブ・ロード機能を追加しました。
ただし、ゲームロードすると自動セーブデータがロードしたデータに変わるため、自動セーブ中のデータはなくなります。
間違えてロードした場合は、そのままゲームスタートしないで終了すれば自動セーブデータはそのままです。
 また、ゲームセーブでは服装の色はセーブしないため、色は服装保存で行ってください。

11月18日 淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島をバージョンアップしました

 淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島をバージョンアップしました。アニメーションを滑らかに再生する補正機能をつけました。
アニメーション自体は何も変えずに補正パターンをいくつか用意して当てはめています。
予想よりはるかに難航しましたが、何とか完成しました。結局9割以上のアニメーションが補正されています。
 特にアニメーションの切り替え時の一部アニメにあったカクッとした違和感がなくなっていると思います。

それとモニタに自由設定を追加しました。主に縦型モニタ用なのですが実際、私は縦型モニタを持っていないのでテストしていません。
縦型モニタをお持ちの方は実際うまく表示されたかの感想のコメントをください。

11月12日 次回バージョンアップについて

 次回バージョンアップにてヒロインの目の瞳の大きさと色を変更できるようにします。


体験版でも使っている顔5です。今までは緑色の瞳でしたが、茶、水色、黒、赤、紫からも選べます。

小 
今までの瞳の大きさを小として、もう一つ大を追加しました。

 そして一番大きな変更が、アニメーションの再生エンジンにモーション補正機能を追加しました。
今までより、女の子がより滑らかに動きます。

この手のアニメーションが一番、よくない動きだったのですが、脚がより滑らかに動きます。
ただ、動きの早いアニメーションは補正すると逆におかしくなるので、全体の30%ぐらいは補正されていないか、
補正の幅が小さくなっているので見た目が変わってないのもあります。

あと1つ、モニタの自由設定機能を追加しました。多分これで色々な横x縦比のモニタに対応できるはずです。

次回バージョンアップはうまくいけば、来週中に行えると思います。

11月8日 次回作について

 次回作はアクション要素を入れることにしました。アクションアドベンチャーなのか、アクションRPGなのか
はたまたアクションシミュレーションなのか、この辺は少し実験してから決めます。
 アクション部分は基本的に簡単にします。どんなアクションかは決めていないので色々作ってみます。
というわけで計画中のプロジェクト情報をまとめてみました。アクションではない作品もあるけど以下のリンクから見てください。

計画中のプロジェクト情報

次回作への御意見・御要望は→DLsiteブログにどうぞ

10月9日 新作:淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島 本日販売開始しました。

 ギリギリ今朝、バージョンアップ申請が通り、拡張に関する不具合が修正されたバージョンがアップされて、ほっと一息。
皆さんよろしくお願い致します。
 DLブログにコメントを書き込めるようにしておいたので動作に関することと、御意見・御感想・御要望などありましたら
書き込みお願い致します。もちろんメールでも承ります。その際はサーポートメールをお使いください。

10月7日 新作:淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島は10月9日から販売開始します

 9月20日のタイトルと同じになりましたが、10月9日から販売開始します。
今日最終バージョンに差し替えが完了しました。
今UPされている体験版との違いのみ上げると、
・ゲーム設定の光沢をヒロインの肌のみオイリーな光沢?にするオプションに変更しました。
・ゲーム設定の移動速度2倍を移動時のみ早送りに変更しました。
・移動速度を20%UPしました。
・一度早送りにするとゲーム終了まで早送りするように変更しました。元に戻すには再生を選択してください。

  <参考:顔3 肌1>
左が光沢ありで右がなしです。

 さて拡張についてですが、セクシーモデルで拡張した時は当初からマッサージシーンのみ拡張用に追加
で考えていましたが実際にテストプレイすると流れが一般向けとほぼ同じなので、既に一般向けをプレイした方は同じシーンをプレイ
することになります。これはちょっとあきないか?と思うので、セーブデータの引継ぎも考えましたが、
セーブデータの構造が違いすぎて難しすぎるので断念しました。
 とりあえず自動プレイを拡張しておいたので、既にプレイした方は活用してください。
例を上げると、砂浜で水着に着替えた後、グラビアポーズを始めて自動プレイ(早め)を選択します。するとシャワーまで一気に流れますので
もう見飽きたよと言う方は御活用ください。他には野犬とかを簡単にしておいたので岩ギリギリを走り抜ければ行けます。
 Hシーンは基本的には新作:淫獣の生贄2の部分と同じです。多少差分がある程度です。
拡張しない場合と違うのは、マッサージシーンが18禁用に拡張されていることと、淫鬼とのからみが1SEXあるのと、カメラマンとのからみ
がちょこちょこあります。結局、マッサージシーンのみではさびしいので少し増やしました。
このへんは淫獣の生贄2のページで解説したほうがよさそうなので、近日中に拡張解説ページを作っておきます。

10月1日 新作:淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島〜を登録申請しました

 タイトルを少し変えましたが、新作:淫獣の生贄2〜触手と淫獣の島〜をDLsite様に登録申請しました。
当サークルの作品はいつも審査に時間がかかるので、このタイミングでもギリギリ9日に販売できるかなぐらいです。
ものいいがつかなければ、予定どうり10月9日からいけそうです。

 いつもならこの後、過去作品のバージョンアップをはじめるのですが、今回はこのまま新作のチェックと追加を続けます。
結構、販売開始日のギリギリまで修正版の登録ができるのでこのまま作業を続けます。

 今度の新作はマウスクリック移動をかなり改善しました。特に2Dや2.5Dはマウスクリック移動にむいてます。
以前は壁の誤クリックが多くて室外はいいとして室内はクリック移動しにくい状態でした。
新作では床以外の座標はクリックできないようにしてます。
また、3Dでクリック移動するときは「ゲーム設定」で「移動時カメラを背後に移動」のチェックをはずすと移動しやすいです。
新しく修正した体験版を昨日からアップしてるので、確認したい方はダウンロードしてみてください。

9月20日 淫獣の生贄2〜触手異種姦島〜は10月9日から販売開始します

 淫獣の生贄2〜触手異種姦島〜は10月9日から販売開始します。皆さんよろしくお願い致します。

 今はまだテスト中です。多少問題が見つかったりしたのを直したり、ヒント入れたりしてます。今月中には申請します。
何も問題なければ10月9日には販売開始できると思います。

 それと顔を3個追加しました。
 
え?目の色を変えただけだろ?って言われそうですが、目の形も鼻の位置も高さも唇の厚みも変えてますよ^^
ただ、諸事情で目の位置はあまり動かせないし口の位置も動かせません。
目の色、鼻は自由に変えられます。目の形は位置が大きく動かなければ変えられます。唇は厚みは変えられますが
色は変更できません。顔の輪郭はメガネや口アクセサリーがうまく着けられる範囲内で変更できます。
などの制約を守って顔を新しく作ります。顔の追加はメモリ使用量を増やさないので服や髪型より追加しやすいです。

9月8日 ドラゴンクエストXとマーケティング

 ドラクエ10が発表されましたね、遂にオンライン化されますがゲーム画面を見る限りドラクエ8風に見えます。3DとなるとRPGツクールでは作れないので、
作れるサークルは限られる。ここはいっちょ、うちも次はRPGでいってみようか?などと妄想しています^^。

 さて話は変わってマーケティングですが、現実的にはうちの作品を購入した方々にアンケートとって調べるみたいなことはできないので、簡単な方法として、
販売サイトの他の方はこんな作品を購入されていますコーナーで調べるのが一番安易だけど、結構当たってる感じがします。
さて、どんな作品を買っているのか見ると圧倒的にロールプレイングです。そしてアクションです。これを見る限りうちの進むべき方向はロールプレイングへ進む
べきなのかと思っています。まあ、もともとMMORPGを作ろうと思って始めたサークルですのでやはりここはロールプレイングなのか?

 でも作るとなると色々問題があって、一番の問題はモンスターの数です。3Dで作るにはマンパワーが必要不可欠です。動かないモンスターじゃ3Dの意味がないし、
かといって作るには時間が掛かる、よく外注という話もあるけど、お金がありません。素材集?みたいなのはほぼないし、あっても動画用なのでポリゴン数が多すぎです
モンスター10体くらいなら、なんとかなるでしょうが、かなりボリューム不足な感じもするし難しいな〜

 新作が完成した後、今年一杯は色々研究して試行錯誤したいことがあるので直ぐに次々回作をどうするか決めませんが、
前にも考えていた恋愛シミュレーションも作りたいし、う〜ん悩みますね。

 さて新作淫獣の生贄2はテストも終わり一旦完成しましたが、今はエンディングの追加中です。今週一杯はこの作業を予定しています。この後は顔と髪型を追加して、
さらにHコマンドを9月20日くらいまでは追加していきます。その後再度テストして仕上げます。現状で既に販売可能レベルにあるので(一旦完成したので当たり前ですが)
予定どうり10月には出せそうです。
 

9月2日 まずは完成させることに

 新作淫獣の生贄2はいくつかエンディングを追加したところで、まずはゲームを完成させて仕上げることにしました。まだ追加したいものはあるのですが、
もう1カ月を切ったので、いったん締めて完成版をつくり、残った時間で追加できるものをできるだけ入れます。
 今は完成に向けてひたすらテストプレイ中ですが、意外とボリュームがあるのでかなり時間かかります。
ただ、前々作の女子校生妄想学園が最初のHシーンが見れるまでにある程度のプレイが必要だったのに対して、今回の新作は最初からHシーンがどんどん出てきます、
適当にプレイしてても7割方は見れると思います。後は後半、ちょっとした謎解きで2割ぐらい見れて、残りはちょっと難しいくらいに調整してあります。
難しい謎解きも、それなりの伏線を入れて連想できるようにして、理不尽な謎解きはないはずなので多分大丈夫?
また残りの謎解き要素は、Hシーンにつながらないけど水着とかのアイテムやHなしのエンディングに関連づけてあります。
あと1カ月です。気合を入れていきます。


体験版に追加予定の海岸マップです。ただ、今のところ特に何もないので雰囲気だけです。島が舞台なので海岸を見せておこうみたいな感じです。

8月17日 hentai

 新作淫獣の生贄2は現在エンディングを作っています。もともと2つのエンディングを予定していましたが、もっと追加することにしました。
いくつ追加したかは、実際にプレイしたときのお楽しみです。それなりのHシーンがあるので(ないENDもありますが)今月一杯はこの作業です。

 さて、うちのゲームは海外ではhentaiとして、良くも悪くも取り上げられていて(アドルトゲーム全てですけど)、
本来は、日本語版windowsでのみ動作するように設定されているので海外では動かないはずですが、パソコンにくわしい人であれば、これを回避する手段があり、
(実際、回避するやり方などが、どこぞの掲示板などに書かれているのですが)さらに日本語版チェックを強化することも考えてみましたが、
どうしてもゲームがしたい人は、どんな手を使ってもするだろうし、日本語版でも間違えて誤判定しそうなのでやめておきます。
 ゲーム開始時に簡単な日本語問題だして日本人チェックとかも考えましたが、いずれパターン解析されるだろうし、なにより日本の人には邪魔なだけだし。
 それよりも英語版だしたほうがいいのかな〜とか考えてます。
 それにしてもセクシーモデルもhentaiとして扱われているのは、仮にも全年齢対象なんですけど....

8月12日 セクシーモデルのバージョンアップと新作 淫獣の生贄2の体験版のアップ

 セクシーモデル<<悪夢の冒険島>>をバージョンアップしました。主な変更点は画面視点を3D、2.5D、2Dから選べるようにしたことです。
前から3Dでの移動に弱い人向けの機能として考えていましたが、やっと実行できました。他には新作の顔2点を追加しました。

 それと、新作のタイトルは色々考えましたが、淫獣の生贄2にしました。前作の淫獣の生贄とは特にストーリのつながりはありません。
完成は順調にいけば10月上旬を予定していますが、実際どうなるかはまだわかりません。
 淫獣の生贄2の体験版をDLSite.com様にアップ致しましたので、ぜひプレイしてみてください。
 2.5Dと2D視点を追加しました
 新作の体験版を2.5D視点で見た状態です。アングルは左右回転と接近・後退が使えます。操作は3Dの時と同じです。
 2D視点ではアングルは固定されキーを右に押せば右へ移動します。よくある2Dのゲームと同じ移動になります。

7月31日 2.5D

 体験版が完成しました。今まではそんなに時間をかけないで作ることが多かったのですが、今回の体験版はかなり時間をかけています。
まだ、インストーラを作っていないので完全ではありませんが、8月中旬頃には新作の予告と同時にUPする予定です。

 話は変わりますが、要望やコメントの中に3D酔いに関するものが淫獣の生贄のときからあり、その答えの1つとして2.5D視点を導入することにしました。
下の絵が2.5D視点です。今までの視点を上にあげてキャラの方向を変えても視点は動きません。

 アングルは従来どうり変更できるので純粋には2.5Dでないかもしれません。

 赤い矢印で示したボタンで3Dと2.5Dを切り替えます。2.5Dにするとカメラアングルは常に同じ方向なので見た目は2Dのゲームと同じになります。
これで3D酔いはかなり軽減できるはずですが、問題はこのマップのような屋外はプログラムの改修だけで適用できるのですが、屋内マップはマップの修正が必要になり、
全マップの修正に1週間から10日は必要です。これでまた完成が少し先へ伸びていきます。早く完成させたいけど9月中に完成するかも微妙な感じです。

7月19日 体験版製作中

 北海道は梅雨がないそうですが、昨日まで一ヶ月以上雨が降ったり止んだりで湿度も常に70〜90%、もう確実に梅雨です。いいかげん気象庁は北海道にも梅雨があると宣言して欲しいです。
などと思いながら新作製作中です。ゲーム本編をテストプレイしながら修正・追加するのは、壁にぶつかって止まりました。色々考えてもいい案が思いつかないので、
体験版を先に完成させることにしました。まあ、体験版を作ってるうちに何かいい案が思いつくだろうなどと安易な考えですね。
 さて、体験版は1マップは9割方できて、触手に犯されるシーンも1つ完成しました。もう1つ異種姦シーンを作ろうかなと思っています。
今回の体験版は本編の少し前におきた序章のようなストーリーになっています。この体験版の後に本編が始まるので内容は本編と重複していません。
ぜひ体験版が公開されたらプレイしてみてください。

 これは体験版の終わりのシーンであるのと同時に本編の始まりでもあります。

7月9日 新作製作中

 新作は音声の組み込みを一通り終わりました。今は実際にゲームプレイしながら、アニメーションを修正したり追加したり、音声もチェックしたりと細かい調整をしています。
わりと追加項目が多くてマップ追加やルート(別のゲーム進行方法)の追加など色々盛ってます。今月下旬まで色々作りこむ予定です。
その後は、体験版を完成させて、自動プレイのデータを作成し、ヒントを組み込んで最終テストで完成します。


6月22日 新作製作中

 新作はストーリー切り替えに色々問題があって難航しましたが、やっと最後までゲームとしてPLAYできる状態になりました。
今は、音声をつけてる最中です。やっぱり音声がつくと出来てきた感がしてきます。1シーンごとに音声をつけてアニメーションを見直す作業を7月上旬までする予定です。
 それと、マップとアニメーションに使えるデータ量を大幅増量するプログラム改修を行いました。これで、MAXで打ち止めだったシーンもボリュームUPできるのですが、
もう時間的に厳しいので小幅増量に留まります。この後は低スペックパソコンでのテストによっては必要スペックが上がるかもしれません。

 え〜、それとMMORPG TERAのCβが始まります。本来なら既に新作の製作が終わって余裕で参加できるはずだったのですが、皆さんご存知の状態ですので、
テスター当選しても1日だけのPLAYに終わりそうです。

 肌と髪の色をTERAのハイエルフっぽい感じにしてみました
 目とかいじって、別顔をもう1つ作ろうかな?もちろん時間があればの話ですが

6月15日 プログラム改修中

 まずプログラム改修を色々やってました。以前からの告知のどうり、悪夢の冒険島がインストールされていると、ストーリーが2つあります。
ストーリーごとに別枠でアイテムをもてるようにしたり、半裸・全裸もストーリでそれぞれ解除する必要がります。ただ、服などは共通なので
どちらかのストーリーで手に入れた服装アイテムはどちらのストーリーでも使えます。
 それと前からやろうと思っていた同時2音演奏機能を作ったので音声と効果音が同時に鳴らせるようにしました。
 さらにもう一つ、髪のオプションを追加しました。これは今までとは違い髪型それぞれにオプションが1つ追加される形になります。
つまり、髪型によって違うオプションが表示されます。これによって見た目の髪型は2倍増えたように見えます。

 体験版の設定は人身売買組織に誘拐されたOLです。

 体験版用に人身売買組織のアジトマップを作りました。ここから逃げ出す感じですかね。(もちろん逃げ出せませんが^^)
ただ、室内マップなので島感がないのが、ちょっとどうかという感じです。時間あれば島の海岸マップも作ろうかと思っています。
 今は新ストーリーのコンテンツがほぼ90%出来上がっているので、最初から最後までPLAYできるようにテストしながら修正・追加をしています。
もう2日目ですが、途中で問題が起きて、なかなか最後までたどりつけません。まあ、今週中に最後まで通して、その後は音声つけをしたいですね。

6月8日 製作を再開しました

 昨日の夜あたりから再開しました。まだ完全には復活してませんが、ぼちぼちやっていきます。
これからは未完成部分のマップを作って、最後までゲームをプレイ可能な状態にします。その後アニメの最終調整しながら音声をつけていきます。
それが終わったら体験版作って、若干ゲームプログラムの改修やって、ゲームプレイのテストを繰り返す。
どう考えても7月末までかかりそうですね。テスト次第では延びる可能性もあるのでまだ、完成時期は8月か9月にしておきます。

5月15日 新顔その2

 新しい顔がだいたい出来上がったので、ちょっと載せておきます。
 OL風ですね、4/15の写真の左側の修正顔です。
 女子校生風です、4/15の写真の右側の修正顔です。
 新顔です、目が一番大きいのが特徴、水着は新作です。

 一見できているように見えますが、まだアニメーションの設定がデフォルトのままなので大きく動くとポリゴンが破綻します。
これから細かく設定していきます。来週中には終わらせたいですね。

5月14日 製作の一時中断

 新作は鋭意製作中でしたが、5月下旬から6月中旬にかけて別件で忙しくなるため、一時的に製作を中断することにしました。
このため、完成時期はしばらく未定とさせていただきます。お待ちの方は誠にすいません。
用件がかたずき次第、また製作を始めます。また、6月上旬〜中旬にかけてメールサポートも止まりますので御注意ください。

5月2日 もしドラ

 最近、人気の「もしドラ」でも有名?になったマネジメントを考えてみようと思います。
で、最初はイノベーションです。
 簡単に言えば、新しいことをやろうです。言うのは簡単ですが、実行するのは難しいのです。
 同人アダルトゲームはほぼ9割方、紙芝居型のアドベンチャーゲームです。2D絵にテキストがあり、時々コマンド選択する形です。
 他に、これにRPGやシミュレーションがつきますが、ほぼ決まった形になっています。
 アダルトゲームが始まって20数年?、まったく変わっていません。
  うちのサークルはこれと違うことをやってるので、既にイノベーション状態にあるのかもしれませんが、成果が伴っていないので
 さらなるマネジメントが必要と思っています。
 
 では、どんな新しいことが可能かを考えてみます。(次々回作の構想です。)

 設定はプレイヤー=主人公=男(モンスター)です。
 1.リアル戦闘を入れてみる−−>RPG、格闘アクションもの、女の相棒がいるマップ移動型アクション
    長所:
       女の子の服や鎧などの部分破壊を導入したHシーンへ。
       戦った後での御褒美的なHシーンで盛り上がる?
       あるいは敗北しての相棒ヒロインのHシーンで盛り上がる?(短所かも)
    短所:
       作るのは大変、製造コストの増大。
       戦闘が面倒(苦手)なプレイヤーがいる。
       敵の女の子が戦闘タイプ(戦士、魔法系)に限定される。(長所と見る人も)

 2.アクション(逃げる、追いかけるなど)を入れてみる−−>尾行ゲーム、女人狩りゲーム
    長所:
       女の子の後をつけて(追いかけて)のHシーンは達成感が大きいかも。
       戦闘よりはアクション操作が簡単。
    短所:
       作るのは大変(特にAI)、製造コストの増大。
       法的規制が掛かる可能性がある。
       好きな人と嫌いな人ではっきり分かれる。
       
 少し考えたのを書いてみました。他にも沢山あると思いますが今日はこのへんで。

4月15日 新顔

 新しい顔を作ってみました。
アニメよりの顔です。目を大きくして、鼻を小さくしました。

  

左はこれでいいかなと思いますが、右は目をさらに大きくしたので若干バランスがよくありません。もう少し調整します。

 マップの製作は全て一通りつながるところまで作りました。今は細かいところを作りこんでいます。

4月4日 次回作進捗など

 アニメーション作成はひと段落しました。後は音声ができたら微調整や若干のボリュームアップをします。
悪夢の冒険島の拡張としての機能はでき上がりました。今は単独でプレイするためのストーリを作っています。
4月はプログラムの機能追加やマップ作成をする予定です。その後に音声をつけながらアニメーションの完成作業といったところでしょうか。
6月には何とかと思いましたが、恐らく無理でしょう。ゲームは作るのも大変ですが、テスト作業も時間がかかるので今は7月完成で考えてます。

2月27日 次回作進捗など

 次回作は今月中にアニメーションにめどをつけておきたかったのですが、まだ2週間くらいはかかりそうです。
今のところ既に前作女子校生妄想学園のHシーンボリュームを超えました。これでも作りたかったシーンは全部入れられず、
結構カットしました。ゲームに出せなかったシーンはCG絵として使います。

 次々回作はもっと容量増やそうと思ってます。まあ増やすとメモリもその分使うので今まで控えてたのですが、そろそろ皆さんの
パソコン性能も上がっただろうと期待してメインメモリ1Gバイト以上で設計しようと考えてます。
 ゲームの販売開始時期を5月上旬にできないか色々考えたのですが難しそうです。

 れいによって、文字ばかりだとおもしろくないので、次は駅弁ファックです。
 ※男はOFFにしているので空中に浮いてるわけではありません。
この構図もボツになったものです。こんな感じで作ってみて実際にはゲームで使わないとゆうものは結構あります。いわいるお蔵入り?

 それと次々回作ですがファンタジー生活ゲームとゆうのが、かなり気になっています。もしかしたらファンタジー世界での、
恋愛シミュレーション+アクションアドベンチャーにするかもしれません。まだ変更はいくらでもできるので、もうちょっと考えてみます。

2月14日 次々回作構想その5

 次々回作は恋愛シミュレーション+アクションアドベンチャーでいくことに決めました。この路線で構想をつめていきます。
設定を色々考えた結果、ファンタジー世界もいいのですが、やはり現代で行きます。
主人公は前に考えたとうり、プレイヤーが選びます、浪人生・サラリーマンなど複数用意します。ヒロインごとにストーリーを用意しますが、
選んだ主人公とヒロインの組み合わせでストーリーやHシーンが変化します。

ゲーム自体は全体マップから行き先を選んで3Dマップに行き、そこでマップ内を移動してアクションアドベンチャーとゆう流れになります。
そしてマップ内で色々あってHシーンにいったりします。
 今製作中の新作にもアクションアドベンチャーを少し入れられないか、今月中にHシーンにめどをつけたら早速はじめようと思っています。

1月27日 

 ここのところ次々回作の話ばかりしていますが、その理由は、今まではひとつの作品が終わってから次の作品の構想を練っていましたが、
これだと製作の立ち上がりに時間がかかり全体としてゲーム製作が遅くなる傾向にあると考えたためです。
よって今回から次のゲームを製作しつつ次々回作の構想を練るとゆう感じになっています。

 前置きが長くなりましたが、恋愛シミュレーションの続きです。
いまさら言うのもなんですが、私が作成するのは3Dゲームです。従来の恋愛シミュレーションだと2Dの紙芝居型が多いので、会話中心が多いのですが、
3Dで作成するからには、3Dの特性を生かしたアクションアドベンチャー形式でいこうと思っています。もちろん会話もありますが、行動で進める形を色々考えています。
例えれば「龍が如く」みたいな感じでしょうか(プレイしたことはありませんが)
 ストーリーによっては、戦闘もあったり、尾行もいいですね、なんか恋愛じゃないゲームになりそうですが...

 文字ばかりだとおもしろくないので、次は今製作中の拷問シーンです

これはテストシーンです。こんな感じでシュチュエーションをいくつか作って、よさそうなのを実際にゲームで使います。
三角木馬とギロチンを組み合わせていますが、これ自体で責めの一つなのであまり動きがないのが難点です。後は前からフェラと後ろからバイブしかないので
ギロチンだけのほうが、もっとバリエーションがだせるかもなどと考えています。
後は器具を木目調にしましたが、黒い金属風のほうがより拷問感がでるかなど、これを見ながらプレイ内容を考えるためのものです。
 今後は2月いっぱいまでアニメーション作りです。その後は3月に衣装製作とセクシ−モデル悪夢の冒険島の拡張版としてのストーリーを完成させ、
その次に単独で動作させるときのストーリー作りです。どちらのストーリでもHシーンは共通です。(もちろん拡張版のほうには+αがありますが)
マップ移動も入れると完成時期がまた後ろにずれていきそうですが、早く完成させたいです。

1月19日 次々回作構想その4

 次々回作をどうするか、色々考えていたのですが、今回は恋愛シミュレーションの話です。

 さて恋愛シミュレーションなら設定をどうするかですが、当初は学園で考えていましたが、学園も雲行きが怪しいので、特に限定せず、
都市とゆうことにしておきます。
主人公もプレイヤーが選べるように、浪人生・リストラされたサラリーマンとかを用意します。逃走犯とかもおもしろそうですね。
女の子ごとにストーリーを用意するシステムにして全体マップから行き先を選び、行った先で3Dマップを移動することになります。

 シミュレーションとはいいつもシミュレーション的なものはあまり入れない方向で考えてます。
特に時間経過の概念に関しては昼と夜の区分ぐらいでいいかな?と思っています。
季節に関してはストーリーの都合でイベント的に現れる程度で基本は入れない予定です。

 お金はやはりアイテム買ったり、交通費、デート費とかで必要かなと思っています。そうするとダンジョンで資金稼ぎ...は無理なので
バイトなり仕事なりすることになります。ミニゲームとかは入れるつもりはないですが、ただ行くだけでお金がもらえると、
時間経過の概念がないので稼ぎ放題になってしまいゲームがしまらないので、何か制限するシステムが必要そうです。

 主人公によっては学校いったり、会社いったりしなければならないのですが、そうゆうのは無視して自由に行動できるようにします。
主人公は好き勝手し放題でいきます。

それと次回作ですが、マップを少し入れようかと思っています。拡張しない場合は別ストーリーのゲームになるのを考えてます。
マップは後半で使う部分を使って融合させて、後半はなくそうかとも思っています。

1月13日 次々回作構想その3

 今回は戦略シミュレーションです。

これは2タイプあって国取り系(信長の野望や三国志など)と国家成長系(シヴィライゼーションなど)があるのですが、
国家成長系はエロに結びつけるのが難しい(何百年単位でするゲームな)ので国取り系で話を進めます。

・世界設定: ファンタージー設定です。RPGで使った設定をそのまま使います。
       統一されていた巨大な王朝が分裂して戦国乱世になったとゆう設定です。

・主人公:  辺境の小さな国の領主が定番です。次第に領土を広げ最後は巨大な王国と戦います。
       主人公を魔王の子孫にするとエロがやりやすいのですが、ちょっとありきたりすぎるのが難点ですね
       主人公を複数の国から選べるようにするのは、かなり大変なので今回はパスします。

・ストーリ: ストーリに沿ってマップを攻略していくタイプより、自由に攻略先を決めるタイプが好きなので自由型でいきます。
       自由タイプですがメインストーリは用意します。これは攻略先に関係なく進んでいきます。
       もちろんメインストーリを進めなくてもゲームを終われるように考えてます。

・女の子:  女の子とどう関わるかですが、武将として戦闘で使う場合や、正室や側室として関わる場合、イベントで町・その他で会う場合などがります。
       エッチを魔力や他の何かを得る手段に使ったり、武将の忠誠心上げやストーリ進行に関わったりさせます。

・マップ:  全体マップは2Dでエリア単位で区切ります。ここで内政、外交、戦争先の決定などを行います。
       エリアマップで戦闘を行います。ターン制でユニット(駒)を動かしていくタイプです。

・ステータス: 定番の武将以外に、国家にも持たせます、政治形態・国家安定度・悪評・正統性・国策など、これはヨーロッパ・ユニバーサリスに影響を受けた感じです。
        国家単位に技術レベルを設定します。これによって作れるユニットが違います。

・エリア:  エリアは気候・居住種族と人口(種族単位)・特産物・建物などがあります。
       特産物は鉄・銅などの金属資源や小麦・綿・たばこなどの作物などです。
       種族は人間・エルフ・オーク・ドワーフなどそのエリアで居住している種族です。居住種族によって作成できるユニットを変えます。

・ユニット: 種族ごとに違う兵科を作ります。人間なら兵士、弓兵、騎士、僧侶などが基本ですが、技術によって斧兵だったり棍棒兵だったりすることを考えてます。
       武将がユニットをどう率いるかは、武将がいくつかのユニットを組み込んで軍団のような形式かな〜とも思いますがこのへんはまだ考えがまとまっていません。

今のところはこの程度で考えています。戦略シミュレーションは作るとしてもRPGの後で考えてます。まあ気長に構想を練ります。

1月7日 次々回作構想その2

 今回は恋愛シミュレーションです。

これはRPGと少し似ていて、戦闘と成長の要素を取って恋愛系ステータスを入れると作れます。
別の言い方をすればRPGに恋愛要素を入れるとRPG+恋愛シミュレーションゲームになります。
とはいいつも両方入れると作るのは大変なので恋愛シミュレーションのみで考えます。

・世界設定: 現代の学園とその周辺の町が定番でしょうか。
       ファンタージー設定もいいですが、これだとRPGっぽくなるのが別の意味で難点か
       無人島に漂着した男女とか、豪華客船とか、社内とか、災害後の都市とかもありますが、
       今回は現代の学園で話を進めていきます。

・主人公:  当然、男です。現代なら学生で、恋愛経験なしでしょう。親はいないほうが都合がいいので別居させます。
       義理の母親と義理の妹、姉を置くのも定番ですが、最近は近親相姦を規制する動きが気になるので、入れるとしても拡張で。

・ストーリ: 女の子単位で用意します。まあ、定石ですね。複数の女の子が絡んだストーリを用意できるかは時間と相談です。

・マップ:  これはかなり悩みどころです。3Dマップで自由に動き回れるようにする意味があるのかとゆう問題があります。
       2Dの全体マップから学園や公園、商店街などを選んで3Dマップに行く形式になりそうです。
       3Dマップで移動して目的の女の子とのイベントを探したり、あるいは尾行したり(別ゲームみたいですがw)、
       痴漢したり(これも別ゲームみたいですw)、あるいはデートして、好感度に応じて手を繋いだり、腕を組んだり、キスしたり、
       あるいはそのままエッチシーンへ(露出プレイ?)など、色々できそうです。

・ステータス: 女の子単位に好感度を設定します。ただ、単純に上がるだけではおもしろくないので何か仕掛けが必要かも。
       ただ、ミニゲームで勉強するとか運動するとか面倒なシステムは入れません。

・スキル:  これはゲームを進めるためにイベントで得たり、人や本から獲得します。あるだけでいいので成長とかはありません。
       例えると、忍び歩き、痴漢、覗き、カメラ、盗聴、聞き込み、尾行など、なんかエロ探偵みたい?

・デート:  システム的に用意するのか、イベントの一種にするかはまだ考えていません。
       デートの予約とデート中は会話を選択するようなシステムでしょうか。デート後はエッチシーンへ行けるかも選択次第。

・エッチシーン: デート後にある場合と、イベントで発生する場合など色々なパターンで用意します。

こんな感じで考えてます。


それとセクシーモデル悪夢の冒険島の拡張版の進捗ですが触手2シーンは8割がた出来ています。他のシーンはまだ手付かずです。
カスタマイズの衣装もまだなので完成は4月くらいでしょう。

1月5日 セクシーモデル悪夢の冒険島の拡張についてと次々回作構想

 昨年末に特典拡張データの参照機能が出来上がりました。これでセクシーモデル悪夢の冒険島のデータを取り込むことができます。
今のところ全シーンと全衣装を取り込みます。ただ、ストリーが18禁になるので多少セリフや流れが変わります。
また、セクシーモデル悪夢の冒険島をお持ちの方だけに1シーン程度の特典シーンをつける予定です。



↑ゲーム開始時に設定します。単独である程度進めた後でも取り込めるようにしてます。

今はセーブデータの取り込み機能を作成していたのですが、これが色々問題があってうまくいきません。
なんか時間ばかりかかるので、後回しにしました、引継ぎできない場合は、最初の部分を再度プレイするのが面倒な方向けに
スタート位置を洞窟前から始める選択肢をつけようかとも思っています。


 話は変わりますが、次々回作の構想です。今はRPGや恋愛シミュレーションあるいは戦略シミュレーションとか色々考えてます。
とゆうわけで、今回はRPGを作るとしたらの基本構想を考えてみます。

・世界設定: ファンタージー設定で、エルフ・オークなどがいて魔法が使える世界です。蒸気機関的なものや銃などはでてきません。
       大きな大陸で国が多数あります。人間の国もエルフの国も複数ある設定です。
       大陸の北は氷雪地帯で、南は熱帯雨林です。西側が温暖な気候で大陸中央は山脈が連なり、東側は砂漠です。

・主人公: 記憶喪失の男です。よくある設定ですが記憶が戻るに連れてストーリが進みます。

・ストーリ: メインのストーリは用意しますが、あまりそれにとらわれないでゲームを進めることができるように自由を重視します。
       理想を言えばエンディングが複数あって悪の魔王になって終わるのもいいのですが、作るのはかなり大変そうです。

・マップ: 3Dのマップです。ドラクエ8みたいなマップといえばいいでしょうか。エリア単位で区切ります。
      プレイヤーは3Dマップ内を移動します。当サークルのゲームの移動と同じです。

・成長:  経験値を稼いでレベルを上げるシステムにスキル制をくっつけます。スキルも経験値を得るレベル制にします。
      ステータスもあります。レベルを上げるとポイントを得てそれでステータスを上げます。

・戦闘:  これは非常に迷うところですが、今のところエンカウントによるターン制バトルで考えてます。
      本当はマップ内にモンスターがいてリアルタイムに戦闘する方式がいいのですが、いきなりそれを作るのは無理そうなので、
      作るのがより簡単なエンカウント・ターン制でいきます。

・スキル: 剣Lv1、格闘Lv1、火の魔法Lv1とゆう感じです。使用するとスキル経験値を得てMAXになるとレベルアップでもらえるポイントで
      スキルレベルを上げます。ポイントはステータスと競合するのでどちらを上げるか悩んでください。
      この辺はマビノギに似ている感じです。転生のようなシステムも必要かな?と思いますがどうなるかは未定です。
      エッチもスキル制にするのもいいかなとも思います。

・ステータス: 筋力、体力、知力などです。レベルアップでもらえるポイントで上げていきます。レベルはポイントをもらうためだけで考えてます。
      従ってレベルによる戦闘力の補正は入れません。戦闘力はスキルとステータス、装備品で決まります。

・パーティ: 基本的には複数人によるパーティを考えてますが、最初の作品は2人で考えてます。もちろん相方は女の子です。

こんな感じで考えてます。まだ構想段階ですので、どんどん変更したり、追加・削除する予定です。

セクシーモデル<<悪夢の冒険島>>へ

女子校生妄想学園へ

淫獣の生贄へ

バーチャル・エッチへ

Sexy3Dトップへ